ドラマ「のだめカンタービレ」ロケ地案内

フジテレビで2006年に放送され、映画化もされた人気ドラマ「のだめカンタービレ」ドラマ最終回、主人公の“のだめ”(上野樹里)は、千秋(玉木宏)とケンカ、実家の大川市へ傷心帰省。フランスへ留学が決まった千秋は、やはりのだめと一緒にヨーロッパへ行くことを決心し、新幹線へ飛び乗り・・・ドラマのラストを飾る重要なシーン、実はなんと佐賀市内で撮影されていた!!なんとこれが・・・原作コミック(9巻)どおりに、佐賀の風景を映像で再現してあるんです!

それぞれのロケ地に「セカイカメラ」のエアタグを貼っています。
ユーザー名は【佐賀県フィルムコミッション】今後も、いろんな作品のロケ地を案内していきます。お楽しみに!!

筑後川昇開橋(佐賀市諸富町大字徳富中の島公園内にて撮影)

筑後川沿いの散歩道、川べりに腰かけ一人もの想いにふける“のだめ”いい演奏とは?

コンクールで受賞するための演奏は、のだめにとって苦痛なものだった。
「自由に楽しくピアノを弾いて なにが悪いんですか!?」千秋センパイとケンカしたまま、東京を離れたのだめ。一人、自分と向き合い、本当に何をしたいのか見つめなおす。

これをスタッフが再現すると・・・。 (参考)筑後川昇開橋
(参考)筑後川昇開橋
筑後川昇開橋は九州一の大河筑後川に架かる可動橋で全長506m。
もともと鉄道橋で、大きな船を通すために上下することが名前の由来。
現在は、タワーブリッジ遊歩道として佐賀市諸富町の新名所となりました。
その橋の形から「男女を結ぶ縁結びの橋」として知られ、カップルがお互いの心に鍵をかけるため?また、よきパートナーに巡り合うために、願いを書いた南京錠が橋の欄干などにびっしりと神社の絵馬のように数多くかけられています。
※修復保存のため、平成22年12月10日(予定)まで工事が行われています。
ここに行くには?
※佐賀市内から車で大川方面を目指し(国道208号)、諸富橋を渡ってすぐ右折し南へ400メートル下ったところ(約25分)
※長崎自動車道佐賀大和ICから車で約40分
※JR佐賀駅バスセンターから柳川行き「大中島」下車し、徒歩10分
ここに行くには?
※佐賀市内から車で、大川方面を目指し(国道208号線)、諸富橋手前の諸富橋西交差点を右折「もろどみ一番館」そば(約25分) ※長崎自動車道佐賀大和ICから車で約40分 ※JR佐賀駅バスセンターから早津江行き「昇開橋展望公園前」下車徒歩5分 ナビ設定は、「もろどみ一番館」(佐賀市諸富町為重211-3)TEL0952-47-5209

筑後川堤防道路(佐賀市諸富町大字徳富 国道208号諸富橋左岸上流付近にて撮影)

アテもなく、のだめを追ってきた千秋が、偶然にも川沿いを歩くのだめを見つけ後ろから抱き締める

ケンカ別れ後、携帯が繋がらない行方知れずの“のだめ”を追って新幹線に飛び乗る千秋。心では、のだめを連れてヨーロッパへ行く決心をする。
駅に降り立ち、“のだめ”の実家のある大川へタクシーをとばす。
同じころ、携帯の電源が切れていることに気づく、どこまでもノーテンキな“のだめ”。
数多くのメールや留守電に驚き、千秋に電話していると、そこへ千秋ののったタクシーが・・・。

これをスタッフが再現すると・・・。 のだめを後ろから千秋がぎゅっとこれがかの有名な“大川ハグ”だ!

そして、そののだめを後ろから千秋がぎゅっとこれがかの有名な“大川ハグ”だ!※注

(佐賀県フィルムコミッション豆知識)
※注:のだめファンの間では、このシーンを大川家具とハグをかけて「大川ハグ」と呼ぶ。
しかし、ドラマの撮影ポイントは諸富家具で有名な佐賀市諸富町だったので“諸富ハグ”なのだー!!!
これをスタッフが再現すると・・・。 ん~ なんだかなぁ~

ん~ なんだかなぁ~

ここは交通量が多く“大川ハグ”をされる際には、十分車に気をつけましょう!駐車場はありません。路駐は絶対にしないでネ!
のだめを後ろから千秋がぎゅっとこれがかの有名な“大川ハグ”だ!
ここに行くには?
※佐賀市内から車で、大川方面目指し(国道208号線)、諸富橋渡ってすぐを左折してすぐのところ(約25分)
※長崎自動車道佐賀大和ICから車で約40分
※JR佐賀駅バスセンターから柳川行き「大中島」下車徒歩10分

干潟よか公園(佐賀市東与賀町大字下古賀 シチメンソウを見渡す展望台で撮影)

千秋が“のだめ”の父親に、のだめをヨーロッパへ連れていきたいと打ち明ける。

結局、のだめの実家に泊った千秋。
のだめの父親が博多駅まで送ってくれることになったが、途中、有明海に臨む公園に立ち寄る。

これをスタッフが再現すると・・・。 シチメンソウの里 干潟よか公園

無邪気にムツゴロウを探す“のだめ”とそれを見ながら、話し込む千秋と父親。
「でも僕はあいつのピアノがすごく好きなんですよ。」(by千秋センパイ)
二人の話題は、“のだめ”のヨーロッパ留学のことだった。

シチメンソウの里 干潟よか公園

ここのすぐそばには、遊具の充実したアスレチック広場があります。

・シチメンソウの里 干潟よか公園
目の前には広大な干潟、天気のよい日には対岸の雲仙普賢岳が望めるビュースポット。
干潟には、ムツゴロウが跳ね、シオマネキ(カニ)が遊んでいます。
眼下にはシチメンソウという、有明海沿岸にしか自生しないめずらしい植物が広がっており、11月に燃さかる火のように真っ赤に染まるその様は、「海の紅葉」とも呼ばれるほど。
干潟よか公園(佐賀市東与賀町大字下古賀 シチメンソウを見渡す展望台で撮影)
ここに行くには?
※ここは、最寄のバス停(1本/h)から約3キロあります。 ※佐賀市内から車で、県道260号線東与賀方面目指して南下、作出交差点を右折(西へ)、住吉交差点を左折(南へ)し、南へ約3キロ下ったところ 約30分 ※長崎自動車道佐賀大和ICから車で約45分 ※ナビ設定は、干潟よか公園(佐賀市東与賀町下古賀2885-2)TEL0952-45-5366

それぞれのロケ地に「セカイカメラ」のエアタグを貼っています。
ユーザー名は【佐賀県フィルムコミッション】今後も、いろんな作品のロケ地を案内していきます。お楽しみに!!